2006年 文化の祭典 レポート


6月4日(日)に第11回文化の祭典が行われました。

10回という節目を終えて文化の祭典も早11回、今回はどのような進歩があったのでしょう?



準備の風景。

恒例のソフメ文字を貼り付けているところです。

文字の間隔など、意外と苦労するものです。

朝の最終調整。

バグや落ち度が無いよう、ここで最後の確認です。

バザーの様子。

今回はキーボードや無線LANルータなどいろいろなものが揃い、

売り上げの方も良かったようですね。

今回作った力作のオブジェ達。

キーボード、ペンタブのペン、マウスです。

この出来だと次の祭典でも使えそうですね。

今回作った力作のオブジェその2、巨大ディスプレイです。

中には今回の作品の製作画面やソースコードなどを展示。

しかし重さに耐えられなくて途中で傾いてきたとの噂も…。

DTM班ではお客さんに作曲ソフトをいじってもらい、

実際にどんな風に作るか体験していただきました。

このような取り組みは今回からですが、大成功でした。

おまけ。ステージ企画の写真です。

今回はレタスの早剥き対決。

惜しくも漫研に敗れてしまいました…。


もう毎年恒例となっている文化の祭典ですが、回を追うごとに色々進歩しています。
新しい取り組みが始まったり、効率よく作業を進めたり…等など。

今回は新1回生も加わり、準備や会場の設置に大きく貢献してくれました。
次の津田沼祭からは作品の面でも貢献してくれることでしょう。

そして、来年は更に良い文化の祭典を目指して頑張りましょう!


(Reported by ユーキ)




戻る