2008年津田沼祭レポート


今年の津田沼祭は11月22〜24日の3日間に行われました。
24日は雨となってしまいましたが、大勢のお客さんに訪れて頂きました。


ソフメのブースの様子です。

今回もたくさんのお客さんに来場していただきました。

例年通りプログラム班はゲームやツール、DTM班はオリジナル楽曲やアレンジ楽曲、

マルチメディア班はCGを展示しました。

今年はゲーム・ツールの展示数が史上最高数ということでした。

この調子で来年以降もたくさんの作品を出したいですね。


今年は壁に「×」ボタンやスクロールバーを張るなど、細かい装飾にもこだわっていました。

また、お馴染みの緑ジャンパーが無くなり、スタッフは名札を付けて接客をしていました。

写真には写っていませんが入口には案内板も設置してありました。


今回展示したゲームには二人で対戦することのできるゲームも多かったため、

友人同士や親子でゲームを楽しんでいるお客さんも多くいました。

ソフメのブースには親子連れの方も多く来るので、

親子で楽しめるゲームが多く出たのは良かったと思います。


また、今回は企画として恒例のスコアアタックの他に、
二人対戦ゲームを使ったゲーム大会が行われました。
ゲーム大会の様子はこちらにまとめてあります。





最後にサークルメンバー全員で集合写真を撮りました!
あっというまに過ぎていった3日間でした。
ブースでの仕事に専念した方も、大祭委員等で働いた方も、
皆さんお疲れ様でした。


最後に、ブース内でお客さんに書いていただいたアンケートの集計結果を掲載します。
アンケートの結果はこちらです


アンケートで皆さんに書いていただいた反省点を踏まえて、
次の文化の祭典や津田沼祭に活かしていければと思います。
そして、津田沼祭にお越しいただけなかった方にも、
写真やアンケートの結果から津田沼祭の雰囲気が少しでも伝わってくれれば嬉しい限りです。
それでは今回はこの辺で、またの機会にお会いしましょう。

(Reported by リックス)