2011年津田沼祭レポート


今年は11月20〜22日の3日間に津田沼祭が行われました。
日曜〜火曜という変則的な日程でしたが、多くの人が会場に足を運んでくれました。

津田沼祭の準備日に行われたプレゼンテーションの様子です。

今回は今までに無い3Dの作品など、
完成度の高い作品が見られました。



恒例のソフメ文字です。

シンプルな作りで、新世界を思わせるデザインでした。  


ブース内の様子です。

展示物の配置は文化の祭典と同じ配置です。
プログラム班はオリジナルのゲーム、
DTM班はオリジナルの楽曲、
マルチメディア班はCGの展示をしています。


マルチメディア班のCG作成実演の様子です。

CGを作成する過程をスクリーンを用いて実演しました。

マルチメディア班のCG展示の様子です。

それぞれのテーマに沿った作品が展示されています。


DTM班の展示の様子です。

今までに発表した作品、M3で発表したCDの作品のほかに、
今回のために一人2曲作品を仕上げています。
DTMのCD販売の様子です。

今年はマスコットの人形を作成し、一緒に展示をしました。
前回のM3で発表したCDが完売となりました。
また、となりのスペースではバザーなどが行われました。


最後はいつも通り全員で写真を撮りました。

今年はマスコットも一緒です。


今年は日曜日から火曜日までと、2日間が平日で来場者が少ない事を予想されましたが、
日曜日には多くの方に足を運んでもらいました。

写真はありませんが、例年通りスコアアタックを行い盛り上がりました。

ブースではアンケートに協力してもらいました。結果はこちらになります→ アンケート結果pdf
次回は文化の祭典での発表です、よりよいものになるように頑張りましょう。
それではお疲れ様でした。

(Reported by tiru)