2013年 文化の祭典レポート


2013年度の文化の祭典は6月9日(日)に開催されました。
今年も例年通り多くの人がブースに足を運んでくれました。

今回のソフメ文字です。

全体的に丸く柔らかいデザインでした。

創造的で近未来的な印象を受けました。



装飾のドット絵です。

準備日に皆で切り抜き作業を頑張っていました。

本当にお疲れ様です。






tirutiru坊主です。

tirutiru坊主班が大量のティッシュを使い頑張って作りました。

今回の文化の祭典が快晴だったのは

私達ソフトメディア研究会のせいでしょう。



6号館1階に展示されたキネクトのゲームです。

画面のアイコンに触れると音が流れアイコンが変わります。

アイコンや効果音はいくつか種類があり

ガラスの割れる音がフロアに響き渡ると一瞬ドキッとします。

とてもユニークなゲームでした。



マルチメディア班のブースの様子です。

テーマにそって部員が制作したイラストと、制作に使われているペンタブ等が展示されていました。

お絵かき体験コーナーもあり、部員が分かりやすくCGの描き方を教えていました。

とても好評で、小さいお子様をはじめ多くのお客様が体験してくれました。



DTM班のブースの様子です。

部員が制作した曲と、制作に使われている環境の一部が展示されていました。

また、部員が製作した曲のCD販売も行い、多くのお客様が購入してくれました。

ありがとうございます。

今回のテーマは「refreshing」と「tales」で、

部員の製作した曲のリメイク曲と物語をイメージした曲を製作しました。



プログラム班のブースの様子です。

様々なジャンルのゲームがそろいました。

今回は連打するゲームや難易度の高いゲームが多く

体験してくれたお客様も苦戦していましたが

楽しんでいただけて、ゲーム大会も大いに賑わいました。
今回の集合写真です

ちゃんと画面に全員おさまりました。


準備日に備品の管理をしっかりしなかったため、後片付けの時に少々混乱が生じるなど

反省点がいくつかありましたが、無事に終わらせることができました。

今回は1回生も多く参加してくれて準備や後片付けもスムーズに進みました。

ありがとうございます。初めての文化の祭典楽しめたでしょうか。



さて、次回の展示は11月の津田沼祭です。

より良いものになるよう頑張りましょう。

では、皆さんお疲れ様でした。

(Reported by HAL)