2014年 津田沼祭レポート


今年は11月21〜23日の3日間にわたり津田沼祭が開催されました。
例年通り多くの方がブースに足を運んでくれました。

P班が出展するゲームのプレゼンテーションの様子です。

今年も多くの部員が出展し、盛り上がっていました。

しかし単独で作成した作品も多く作品数が大変多くなったために、予定されていた時間内に終わることができず3日間にかけて行うこととなってしまいました。

次の文化祭からはこの対策として、合同中間発表という形で事前に日を設けて行うこととなっています。



今回のソフメ文字です。

シンプルながらも洗練された雰囲気でしょうか。



プログラム班のブースの様子です。ゲーム大会も行われ賑わってました。

また、今回はAndroidのゲームも出品され、より幅広い層の方に楽しんでもらえたように思えます

ただ少々盛況すぎたため、列に並びきれなくなってしまうことも・・・。今後改善していきたい項目の一つです。



マルチメディア班のブースの様子です。

すだれには部員達が制作したイラストが、机には制作に使われている環境の一部(ペンタブ等)などが展示されていました。

今後はすだれからボードに変更となり、より見やすくなる予定です。



DTM班のブースの様子です。

部員が制作した曲と、制作に使われている環境の一部が展示されていました。

スピーカーで流すことで、ブースを盛り上げてくれたように思えます。






キネクトブースの様子です。

特に小さいお子さんに人気があったように思えます。

しかし、中には足踏みすると前に出て行ってしまうことも。より少ない動作で楽しめるゲームの開発も必要なのかもしれません。



恒例の集合写真です

こうして見ると、うちが大規模サークルであるという事があらためて実感されます。

今後さらに多くの人が入りたいと思ってくれるよう、より良い作品を作っていきたいです。



今年も大きな問題も起きず無事に終わり、何より多くの人がブースに足を運んでくれました。これも、部員たちのがんばりによるものでしょう。

しかし、まだ改善すべき問題もあります。今後も改善と再検討を行い、より良い活動を行えるよう精進していきたいものです。

次の大きな目標は5月の文化祭でしょうか。もちろんこれを目標としつつ、各班独自の活動も精力的に行っていきましょう。今回もお疲れ様でした。

(Reported by カトー)