概要 < トップページ

このページは 千葉工業大学文化会ソフトメディア研究会 ソフトメディア研究会 の DTM班のページです。
DTM班では主にパソコンで音楽を作り、作品を同人音楽即売会「M3」で頒布したり、大学イベント「文化の祭典」「津田沼祭」で展示したりしています。

DTMとは、『Desk Top Music』の頭文字をとっています。要はPC(パソコン)で音楽を作ることです。
DTMの特徴は、打ち込むことや録音したり音を加工したり、様々なことをPCで出来てしまうことです。
また、実際の演奏で出来ないような譜面を作成したり、音を加工することによって現実では出せないような音や効果音を作り出せてしまうことも、DTM の大きな特徴と言えるでしょう。
そして、何よりも楽器を演奏出来ない人や知らない人も感覚で曲を作れてしまうことが実際の演奏との大きな違いです。
逆に、打ち込みで実際の演奏に近づけるというのも一つの楽しみになるかもしれません。こういったクリエイターとしての活動が簡単に出来てしまうのもDTMの大きな長所です。